スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エイネレポ~ジュンスをうちの嫁に~

2009年08月29日 20:50

昨日、買ってきたサイダーを開けたら、漫画みたいに噴き出しました。
とりあえず、明日ラグ洗濯。




そしていつの間にか10万ヒットしてました。
皆さんありがとうございます!

カウンター気にしない人ですいません・・


改めて・・・エイネ行って参りました!(遅)

疲れた…


じゃなくて、ちゃんとレポをお届けしないとですね。

既に大阪始まってて、旬を過ぎた感がハンパないですが、お約束なので。

みなさんご存じの通り、一度消えたので、若干やる気がそがれ、出来が悪いですがご了承ください(笑)



その前に、お時間ない中会いに来てくださった皆様、ありがとうございました。
皆様、お土産まで持ってきていただき、本当にすいません・・・・!
私は何も用意できなかったのに。
本当にありがとうございました。



omiyage



なんだか、私ここ数年旅行なんてしてないのに、最近色んな地方のお菓子を食べてる気がします(笑)
みなさんのおかげです、頑張って立派なおみやげ評論家になります。



tonchoko


これ超かわいくないですか?!
ちょこれーとん’s。チ●ルのサイトで作れるみたいですが、私も作ってみたい!
もったいなくて食べれないです・・・



ちなみに、マンネも大喜びです。



mannne829
mannne8292

サン●オの袋を開けた瞬間、

「は、は、はんかちぃぃ!あ、あ、あ、あした、ほいくえんもっていってもいい?」
(どもってる=興奮状態)



で、もうひとつ開けて、

「ひゃぁぁぁ!(臨界点突破)じぇじゅんおぼえてたんだ!○○(マンネ)ちゃんがキュアパッションのことてがみにかいたの!」

①プレゼントをくれたのはジェジュンじゃない。記憶をねつ造。
②キュアパッションじゃなくてお前はポス太郎だろ。



とりあえず、それほど嬉しがってました。

「○○(マンネ)ちゃん、もうわがままいわない!」

と突然いい子。お土産没収されるの恐れてる。

「なんでたんじょうびじゃないのにぷれぜんともらえたんだろう?」

って言いだしたので、じゃ返す?と聞いたら

「やだ」

即答。現金ですね。



そんなマンネは最近メナードのCMが流れる度に「じぇじゅん・・・・・・」と切なく呟きます。



ということでエイネですが、30分しかないし鬼クソ席なので表情・仕草などもわからず・・・
かなりしょぼいレポになりますが、ご了承ください(笑)




今回はユノペンの三女と参加。
次女は人混みが苦手なのでフェス系は無理と断られました。
マンネは行きたがってましたが、丁重にお断りしました。


京王線のカオスにビビりつつ2時過ぎに会場到着。

「パッピンスの列はやばい」的なことをメールで教えていただいてたので、
着いてそっこーとりあえず買っといた弁当を食べる姉妹。
コミュニティーエリアを上から眺めて、即戦意喪失。

とりあえず一旦席につこうと中に入るとちょうど鈴木あみが始まるところ。


っていうか、緑多っっ!


ビギタオルもエイネグッズも緑だったので、会場緑だらけ。
ざっとみて、6~7割はトンペンだった気がします。
これ、他のアーティストのファンはちゃんとチケット取れてるのだろうか・・・(笑)


満員電車に揺られすでにぐったりとしていた私たちは、会場の客の入りを見て9割に達したらパッピンス買いに行こうと計画。

ガルネク直前くらいで大体の客が席についたのを見計らって、パッピンスに並びに行きました。
ガルネク見たかったんですが、苦渋の選択。

途中小雨がパラつきましたが、30分しないうちに買えました。
列も50mくらいだったかな?
タイミング良かったと思います。


retsu


涼しくなってきて、大してかき氷食べたい気分でもなかったんですが、意地で購入したパッピンス。


ぱっぴんす

ぱっぴんす2


・・・800円は・・・高い・・・よね?(小声)

だって、器にがっつり氷(味無し)が入ってて、その上にアイス・小豆・フルーツ・チョコソース・きなこ・もち。


高い
正直ですいません




せめて宇治っぽいシロップかけてほしかった。
それじゃただの豪華な宇治金時か。
じゃ、せめてチョコシロップ→黒蜜にして統一感を持たせてくれ。

でも、そういう問題じゃないんだよね。
おいしいとかまずいとか、高いとか安いとかじゃなくて、
”Love in the Ice”であること自体に価値があるんだよね。



「中で東方神起が素手でフルーツ乗せてたら800円の価値はあるね。」

三女「ジップロックに入れて冷凍だね。」



この会話に若干引き気味に会話をストップさせた後ろに並んでたオバサマグループ。


この後、私は読者様にお会いするので妹を先に席に行かせ、
しばらくして戻ってみると何故かひとりでダパンプにノリノリな三女。

B型って自由。


その後もいろんなアーティストを見ながら東方神起待ち。

あ、ネバダからゲストがいらっしゃってましたね。
会場超盛り上がってました。
ママ、びっじーん。


次の日も仕事だし、帰りはカオスに巻き込まれないため東方神起終わったら帰ろうって話してたんですが、妹は倖田來未も好きで、きっと東方神起より後だよねー、って残念がってました。


が、先に倖田來未登場。


妹、ラッキー。

でも、1曲目終わって、そっこー座ってました。

いいの?って聞いたら

「東方神起まで体力温存したい」

懸命な判断。

なんか、完全に倖田來未のステージ!って感じで、演出も凝っててさすがでした。

最後タオル?を投げた後に「女の子にあげてや~」と言いながら帰っていったとこもさすが。



東方神起が始まるころには既に暗くなっていて、少しづつチラつき始める赤いペンライト。

私と妹は前日の夜まで覚えていたのに、当日二人して忘れたため、うちわを購入済。

振りまわすのは持ってきたバスタオルでいいよね、と言い聞かせ、一番安いグッズを買う貧乏姉妹。


ついに東方神起のステージがスタート!!




ここから先はセットリストのネタバレありなので、大阪参加者様でセトリを知りたくない方はお気をつけください!




東方神起のライブ映像などが先に流れ始めたんですが、画面ですでにテンションMAXのビギスト達。

特に、呪文の映像の時の歓声が凄かった。(私含め)

まだ本人達出てないのに何事かという目で、前列でケンタ食ってた倖田さんのFANが振りかえりました。


10からのカウントダウンが始まり、暑い昼間から焦らされ続けてきたビギスト達は全力でカウント。(私含め)


3・・・2・・1・・0!と同時に東方神起登場!




1.Share The World





正直、ここで私のテンション振り切れて、前半覚えてません。
ここ数年で一番声張ったと思います。
大声コンテスト出てたら、優勝してたと思う。

ジュンスとユノのダンス部分が、夜の中でライトに照らされて、かっこよさ3割増(hanatic調べ)でした。

ジェジュン調子いいなー!という印象。

最後、ユチョンの へぇ~い の瞬間、

「ふわぁぁああ」

と変な声を出した私。

だって、あの へぇ~い がたまんねぇです。


ちなみにクソ席だったので、画面すら遠く、始まってすぐ双眼鏡を構えたんですが、
双眼鏡を通してもマメ神起。

5秒くらい見たあと、

「・・・・・・見えない!(ポイ!)」

とあっけなく捨てられました。
マジ無駄な荷物だった・・・


2.Purple Line


イントロ流れた瞬間大歓声。

ここは東方神起のライブ会場かというほどの掛け声で、

「とーほーしんき!!!」というビギスト達。(私含め)

もうここで京王線で満員電車にすし詰めにされたこととか、午前中の死ぬほどの暑さとか、理解不能なほどに長いパッピンスの列とか、なんかこの席あゆファンに囲まれてちょっとアウェーなこととか、全部発散してやる!

というやる気が感じられました。


前に座ってらした、あゆファンの男性が立ち上がってうちわを一緒に振ってくれてました。

エイネってこういうとこがいいですよね。

チャンミンのサビの高音に、既に体力が無く足腰弱ってた私は瞬間でやられました。

チャミの声で近隣から苦情が来てませんように。

そんくらいパワフルでした。


善悪がほほえみ~手招きしてる信じた道を~

のユチョンの手つきのエロいこと。

後ろから風に吹かれたような髪型。

ユチョンって、ライブ力すごいですよね。
本当に、お客さんの前だとパフォーマンスが全然違う。
客の歓声をエネルギーにできる人なんですね、意外と。
とにかく、ユチョンは生が最高。




3.どうして君を好きになってしまったんだろう




紅白もでたし、認知度の高い曲なのでリリースから時間が経った今でもこの曲は入るんですね。

でも、この曲も聞けば聞くほどいいなって思える、いわゆる「するめ曲」で、
野外(半分ですが)で聞くと、また違った感動がありました。

東方神起の出演した時間は、割と風があって、それが雰囲気を作ってくれてました。

ビギストの赤いペンラ意外にも、他のアーティストのペンライトや青いエイネうちわが揺れていて、
なんだか感動的でした。

私の前に座っていた例のあゆファンの男性も、うちわ揺らしてました。

前半2曲とばしたため、汗がキラキラしてる5人がかっこよかったです。

やっぱり、ジェジュンの汗はスワロフスキーにしか見えない。

チャンミンの汗は、逆に男くさくて、萌え。




4.Stand By U




この曲の前に、ちょっとしたMCが入ったような。

とにかくジェジュンが「暑いですね」を連発してました。

さんざんジェジュンが暑いと言った後に、ユノに話を振ったら、ユノも

「暑いですね!」

と言ったので、さすがのユノペンの三女も

「しつこっ」

って言ってました。

ユノのそういうとこが好き。


みんなまだ楽しむ元気ありますかー!みたいに言うJJに会場がMAXの声援で答えたら、


JJ「・・・・・・・・・ありがとごじゃます・・・・・・・・・」

YC「あはは」


ジェジュン、だるそう。
会場の元気についていけてない的な(笑)
そうだよなー体力使うよな。
でも、頑張ってジェジュン。


JJ「では次の曲・・・・・・・・・」


ビギ「ええーーーーーーーーーーーー!」


JJ「すたんばいゆー。」



チャンミンもびっくりのバッサリ。






5.Sky




夏がきたーーー!って感じしますね!
もう終わりかけですが!

この曲でしたかね?

我らがチェガン様のカメラサービスがあったのは。


野外だし、ダンス曲続きで疲れてるし、むしろカメラどこにあるかわからないしで、
あんまりメンバーのカメラ目線がいただけなかったんですが
(逆にそれがフェスらしい臨場感があっていいんですけどね)

チェガン様は時々こういう破壊的活動をなさるので怖いです。
もちろん破壊するのは私の理性です。

一瞬移ったカメラ目線の笑顔。

ほんと、輝いてました。




6.Somebody To Love




きたとばかりに肩にかけていたバスタオル(私はビギタオル・妹はドームタオル)を手に持ち、
一応他の方の迷惑にならないよう短くまとめ、

さあ来い!
このために体力温存してたんだ!



この曲はチャンミンメインなので、ずっと見ていたいのは山々なんですが、
正直いつも自分が楽しむことが先決になってしまい大したレポができてません。


今回もそのパターンです。すいません。


とにかく、バスタオルは重い。
振りまわすのに一苦労です。

しかも、無謀にも9cmヒールを履いていた私は途中小指あたりもげそうになりながらも、
必死にジャンプジャンプ。


東方神起タオルだけじゃなくて、けっこう色んなタオル回ってましたよ。
新鮮な光景。

ラブ ラブ ラブ ラブ・・・・・・・・・



とうきょぉぉぉおおおおお!!!!!



8.Summer Dream




このイントロ流れた瞬間、既にバテバテな私は正直、まだいくか?と思いました。

東方神起ってほんと体力あるわ・・・・

でも、この曲も割と知名度高いみたいで、盛り上がってました。

ユノタイム!で、最初うまくスポットライトが当たらず、妹思わず

「ライト!!!(怒)」

ジュンスの歌うパートで最初うまく音が入らず、私も思わず

「マイク!!!(怒)」

まあ5人いるので難しいかもしれませんが、しっかり合わせて欲しいですよね~。


後奏のジュンスマネタイムは、最後しっかりとかわいいポーズ決めてくれました。

スペースがないせいか、ジュンスだけ寝そべり、そして誰もマネせずジュンスを足蹴にする。


その時のジュンスの照れた顔ったら・・・・・・・・・・・・・・・!!!


一体あの場にいた何人、いや何万人のビギストが「ジュンスをうちの嫁に」と思ったことでしょう。

ちょい下からのアングルで、ジュンスの照れ顔をばっちり捉えたカメラマンに、夏のボーナスをもう一度あげてください。

まじで可愛かったです。
映像化したら是非!!




8.Survivor



きみがいれぶぁぁああ!!


ビギ:きゃあああああああ!!!!


わすれかけたーぁぁぁぁああ゛アアア!!!(前フレーズ比2.5倍)


ビギ:ぎゃぁぁぁあああああああああ!!!!!!!


なんかもう、これにかっさらわれた気がします。

ジェジュンがものっすごくテンションあがってた印象で、
サビはあおるのに必死でほとんどメロディーになってなかったです。

わーん!すまーいる!って超盛り上げてました。


最後のポーズは舞台上に一列になりそれぞれキメ。
ちょぉおおおおっっぜつ、かっこよかったです。

私に「かっこいい・やばい・えろい」以外のボキャブラリが欲しい、まじで。


こんな感じで、最後はみんなへとへとになりながら(ユチョンはもう魂半分抜けてた)、
「ありがとうございましたー東方神起でした!」とさわやかに去っていきました。




私はその後帰ったのでアレなんですが(あゆ見たかったけど時間的に断念・・・)
あゆが東方神起のタオルを振ったんですよね?
あゆに認められたらエイ●ックスでは安泰だぜ!


正直、あの京王線と駅のカオスが嫌すぎて、来年の参加を迷ってしまいますが、
野外はやっぱいいですね。
日の落ちる感じとか、風とか、雨がきたらどうしようもない感じとか、なんか新鮮です。
曲もまた違った感じがします。


もう始まってますが、大阪もがんばれ。





なんかちょっと、今回のレポはユチョン贔屓な気がする・・・
だってユチョンかっこよかったんですもん!(笑)















ランキング参加してます。
↓のちゃみをぽちぽちいじってもらえると嬉しいです




スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。