スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tokyo Disney Sea チャンミンとデートねつ造レポート(後編のつもりが中編)

2010年10月31日 00:56

県民の日が全都道府県にあるわけじゃないということをここ最近知ったhanaです。(ツイ参照)
10月28日、県民の日のため私立美術館がタダになるのを1カ月前からずっと狙ってた私は、
さっそくアルフォンス・ミュシャ展に行ってきました。
でも、こんな無料開放で混んでて、軽い気持ちで来てる人が多いとわかりきってる日に、
作品の前を長い間陣取って片目つぶったり指で尺測ったり、
いかにも”それっぽい”鑑賞をする美大・専門学生たちにイラっ。
それっぽい自分に酔ってるかもしれないけど、その後ずさったお前の背中ギリギリのとこにある絵がみたいんだよおお!
そういう見方をじっくりしたいなら、普通の日に金払って来いよな~学生安いんだろ。
ああいう、一般の(美術の知識に長けない)お客さんを遠ざけるような鑑賞の仕方をする人がホント嫌。
大体は学生なんですが、若い故か・・・それをやるなとは言わないけど、周り見えてないのだろうか。
美術は庶民のものであるべきだってミュシャも言ってる(キリッ


28日、ラブフォトとコーラス発売日だったわけですが、
前者は密林予約(書店に置いてあるのかどうか不安だった)、後者は書店で購入済。
感想はラブフォト届いてからにするとして、今日は前回のねつ造デート続き。
需要がなくても続き。
強行突破で続き。














~海底2万マイル~


海底2万マイル
(暗闇でビビるマンネ)


hana「わ~すごいね~(やだ・・・これ、近いじゃない!薄暗い密室じゃない!ハァハァ)」

CM「ヌナ、」

h「うふふ、真っ暗だね~(キターーー!!密室で○○ktkr!!!ハァハァ)」

C 「ヌナ、あの。」


h「なぁに?ミニヤ♡」

C「足、踏んでるんですけど。どけてもらえますか」




~レジェンド・オブ・ミシカ~


ミシカ
(相当ズームで撮った)


h「みーーえーーなーーいーーー。」

C「今チップとデールが外周を笑顔でゆっくりと回っています。」

h「チャンミン、背でかいからいいね・・もしかして、私をちょっくらだっことかおんぶとか」

C「今グーフィーが左手にはけていきました。船の中に潜っていきます。」

h「せめて、私も見やすい場所を一緒に探してくれるとか」

C「あ、今、満を持してミッキーマウスの登場です。物語はフィナーレへと向かっています。」

h「食い気味だね。そんなに嫌か。」






~ミステリアス・マスカレード抽選~


マスカレード座席指定券
(まさかの神席)


h「私これだけは絶対見たい・・・・・・・!これのためだけに来たといっても過言ではない」

C「当たらなかったら立ち見ですか・・・それは嫌ですね。」

h「チャンミン、抽選やって。」

C「なんでですか、自分で・・・」

h「私には邪念が多すぎる。日ごろの行いの悪さにも心当たりがある。」

C「一応自覚してるんですね、少し安心しました。外れても文句無しですよ。」



(抽選中)


C「あ。」

h「当たった!!!!・・・・・・・・・・・・・え?」

C「これ、真ん中じゃないですか?」

h「なにこの神席・・・・!なんなの、この機械本当に日ごろの行いで判断してるの?
なんでチャンミンが神がかりてきにいい子だって知ってるの?(機械ガタガタ)」

C「ちょっ・・・恥ずかしいから外出ましょう」

h「トンのライブもこんな席で見たことないのにいぃいぃぃぃぃ!!!!!(ずるずる)」







~軽食~


ユカタンソーセージドッグカシスビール
(アルコールがあるからシーっていいよね)


h「おなかすいたー。ショーまで1時間くらいあるし何か食べる?」

C「ユカタンソーセージドッグが食べたいです」

h「何、食べ物に関してはきっちり調べてきたの。でも、それロストリバーデルタだからここからじゃちょっと遠い・・・・・・」

C「ヌナ・・・・・・・・・・・・・・・」

h「買ってくるからここで待ってな。」




(購入中)



h「お、これ美味しい!ね。」

C「買ってくるの早かったですね、気持ち悪いくらいに。」

h「カシスビールもおいしいよ^^」

C「お酒・・・・ですか。」

h「この時間にお酒飲む=お持ち帰りされてもオッケーっていう遠まわしなアピールです」

C「遠まわしって意味知ってます?」






~アクアトピア~


アクアトピア
(楽しむ次女と、なんだかんだでめっちゃ楽しむ母)


h「もうちょっと時間あるからコレのろう。」

C「これはなんですか?」

h「休日に来るとカップルがこぞって乗ってる大して面白くもない乗りものだよ^^」

C「カップル全般に嫉妬心燃やすのやめてくださいよ」

h「う・・・・これ、意外と回る、」

C「まさか」

h「だめだ、ビール出そう。」

C「え、ちょっ・・・」

h「いや、大丈夫だ。こんなのソウルのヘタクソなタクシーに比べたらなんてことは・・・う、っ・・・」

C「止めて下さい!(必死)」








~ミステリアス・マスカレード~


マスカレード1マスカレード2マスカレード3
マスカレード4マスカレード5デジ姐
(クリックででかくなります。デジ姐のスーパーショット。)


h「・・・あたしゃ開いた口がふさがらないよ。」

C「早急に閉じてください。」

h「2列目ど真ん中じゃん・・・。私はここで運を使い切ったのだろうか?
もう二度とチャンミンを最前列で見ることは叶わないのだろうか?」

C「バカなこと言ってないで、はじまりますよ。」




(鑑賞中)



h「あーーーめっちゃ面白かった!良かったね、バカなドナルド可愛かったね!」

C「個人的にはキョンシー役のダンサーさんの動きがすごかったです。」

h「最後のミッキーの投げキッス・・・。ミッキー(ユチョン)の・・・。」

C「中の人は女性ですよ。」

h「ミッキーに中の人などいない!!!!」















ここで終わらせるつもりが力つきたので、僅かな残りはまた今度。
その前に雑誌関連の感想をあげたい。



そういえば、先日2◎回目の誕生日を迎えました^^
隠しても意味ないか・・・ユスと同い年です。

ツイ等、ハピバコメありがとうございました!
チャンミンとの差が1つ広がりましたが、ユンジェとの差が縮まったと思えばへっちゃらです。
四捨五入二十歳と言える最後の一年、大事に過ごしたいですTT


居酒屋で大勢の友達に誕生日を祝ってもらって、
一瞬自分がリア充かと勘違いした。


birthday cake






ランキング参加してます。

いつもありがとうございます!


スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。